送料無料
合計金額 0
レジへ進む

OZIO TABLEOZIO TABLE

7月の食卓に沖縄の元気食

美しい海に囲まれ、独自の文化が息づく沖縄。個性あふれる料理には、自然のパワーがつまっています。沖縄料理をいただいて、夏も元気に過ごしましょう。

タコライス

ポイント
ひき肉はパラパラになるまでよく炒めてから調味料を加えると、まんべんなく味がなじみます。熱々のソースをかけてチーズがほどよく溶けるとおいしいです。
タコライス
icon
材料(2人分)
牛豚合びき肉
120g
にんにく(みじん切り)
1/2かけ分
トマトケチャップ
大さじ1
ウスターソース
大さじ1/2
ナツメグ・クミン
各小さじ1/2
オリーブ油・塩・こしょう
各適量
レタス(細切り)
適宜
とろけるチーズ
適宜
あれば香草(ざく切り)
適宜
目玉焼き
2個
ごはん
2膳
【サルサソース】
トマト(粗みじん切り)
1/2個
玉ねぎ(みじん切り)
大さじ11/2
少量
タバスコ
お好みで適宜
icon
作り方
1
フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて熱し、ひき肉を加えて色が変わるまで炒める。ケチャップ、ソースを加えて炒め合わせ、ナツメグ、クミンを加えてさらによく炒める。塩・こしょうで味を調える。
2
ボウルにサルサソースの材料を入れて混ぜ合わせる。
2
器にごはんを盛り、レタス、1、チーズ、サルサソース、香草、目玉焼きをのせる。

アオサのスープ

ポイント
アオサのりは沖縄では「アーサー」と呼ばれる身近な海藻。美容と健康に役立つ食物繊維、ビタミンCがとっても豊富。磯の香りを生かすために煮過ぎないのがポイント。
アオサのスープ
icon
材料(2人分)
生アオサのり
40g(乾燥の場合約4g)
だし汁
600mL
おろししょうが
少々
A薄口しょうゆ・みりん
各大さじ1
 塩
少量
icon
作り方
1
鍋にだし汁を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたらAを入れる。再び煮立ったらのりを加えて火を止める。
2
椀に盛り、しょうがをのせる。

ゴーヤチャンプル

ポイント
ゴーヤに豊富に含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴。炒めてもしっかり摂取できます。卵を加えたら大きく混ぜ合わせ、半熟状態で火を止めましょう。
ゴーヤチャンプル
icon
材料(2人分)
ゴーヤ
1本
豚バラ薄切り肉
200g
ランチョンミート
1/2缶(170g)
木綿豆腐
1丁(300g)
2個
塩・こしょう
各適量
サラダ油
大さじ2
icon
作り方
1
豆腐はペーパータオルで包んで重しをし、しっかりと水気をきる。
2
ゴーヤは縦半分に切って種とわたをとり、薄切りにする。豚肉は4cm幅に、ランチョンミートは5mm幅に切る。卵はときほぐし、塩・こしょう(分量外:各少量)をする。
3
フライパンに油を熱し、豚肉を炒める。肉の色が変わったら、ランチョンミート、ゴーヤ、豆腐を手でくずしながら加え、炒め合わせる。
4
卵を加えて全体を混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を調える。
野口真紀先生
レシピ・料理・スタイリング
野口真紀先生
料理研究家。家族の健康を考えた、おいしくて栄養バランスのよいレシピに定評がある。近著『プライスレスレシピ』(主婦の友社)、『オーブン料理とっておき』(主婦と生活社)など著書多数。

写真/宗田育子