送料無料
合計金額 0
レジへ進む

OZIO TABLEOZIO TABLE

今が旬!秋の味覚を愉しむ

“実りの秋”の到来です。夏の日差しをたっぷり浴びて育った、この季節ならではの栗、きのこ類、脂ののった秋の魚がおいしい季節です。自然の恵みをいただいて、“おいしい秋”を愉しみましょう。

きのこと松の実の炊き込みごはん

ポイント
食物繊維が豊富で秋になると値段が手頃になるきのこ。炊き込みごはんにして香りもいただきます。松の実を加えるともちもち食感と香ばしさがアップ。
きのこと松の実の炊き込みごはん
icon
材料(作りやすい分量)
2合
まいたけ・
しめじ
各1袋
油揚げ
1枚
松の実
大さじ3
【A】
 だし汁
400mL
 うす口しょうゆ
大さじ3
 塩
少量
icon
作り方
1
米はといでざるに上げ、30分ほど水に浸す。
2
いたけは手で小さくさき、しめじは石づきを除いてほぐす。油揚げは熱湯でさっとゆで、小さく切る。
3
炊飯器に水気をきった12、松の実、【A】を入れて軽く混ぜて炊飯器で炊く。

鶏肉と栗の煮物

ポイント
栗はぬるま湯に15分ほどつけると皮をむきやすくなります。油で炒めてから煮ると、素材が油でコーティングされてうま味を閉じ込め、こっくりとした味わいに。
鶏肉と栗の煮物
icon
材料(作りやすい分量)
鶏もも肉
2枚(500g)
10個
れんこん
長さ10cm
干ししいたけ
6個
しょうゆ
大さじ3
砂糖・酒
各大さじ2
サラダ油
大さじ1
さやえんどう
(ゆでて細切り)
10枚
icon
作り方
1
干ししいたけは水200mLにつけて冷蔵庫でひと晩戻す。4等分に切り、戻し汁はとっておく。
2
鶏肉は脂身や筋を除き、ひと口大に切る。栗は鬼皮、薄皮をむく。れんこんは大きめの乱切りにする。
3
鍋に油を熱し、鶏肉の皮目を下にして焼く。焼き色がついたられんこん、栗、しいたけを加えて炒め合わせる。
3
砂糖を加えて混ぜ合わせ、酒、しょうゆ、しいたけの戻し汁100mLを加える。ひと煮立ちしたらアクを除き、蓋をして弱火で20分ほど煮る。蓋をとり、強火で水分を飛ばすように煮からめる。器に盛り、さやえんどうを飾る。

サンマのトマト煮込み

ポイント
トマトの水煮を裏ごして1/3程度に煮詰めたトマトピューレ。トマト缶よりもトマトのうま味が濃く、煮詰める時間が短いのがメリットです。
サンマのトマト煮込み
icon
材料(2人分)
サンマ
2尾
玉ねぎ
(薄切り)
1/2個
セロリ
(薄切り)
1本
にんにく
(薄切り)
2かけ
オリーブ油
大さじ2
(あれば)
ケッパー
大さじ1
白ワイン
70mL
トマトピューレ
1パック(200g)
塩・こしょう
各少量
icon
作り方
1
サンマは頭と内臓を除いて洗い、半分に切る。
2
フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが立ったら玉ねぎ、セロリを加えてしんなりとなるまで炒める。
3
2にサンマ、ケッパー、白ワインを加える。ひと煮立ちしたらトマトピューレを加え、蓋をして弱火で煮る。途中、サンマにソースをかけながら10分ほど煮込む。仕上げに塩、こしょうをふる。
野口真紀先生
レシピ・料理・スタイリング
野口真紀先生
料理研究家。家族の健康を考えた、おいしくて栄養バランスのよいレシピに定評がある。近著『プライスレスレシピ』(主婦の友社)、『オーブン料理とっておき』(主婦と生活社)など著書多数。

写真/宗田育子