送料無料
合計金額 0
レジへ進む

OZIO TABLEOZIO TABLE

夏のひんやり冷製料理

暑さが続く時季でも、ひんやり冷たくてのどごしがよい料理は食が進みます。おいしく食べて元気に夏を乗り切りましょう。

タイの和風ジュレがけ

ポイント
片栗粉をまぶすことでタイの水分を閉じ込め、火を通すとつるんとした食感に。ひんやりしたジュレをかけ、さらに涼やかさをアップ!
タイの和風ジュレがけ
icon
材料(2人分)
タイ(切り身)
2切れ
塩・こしょう・
片栗粉
各適量
ミニトマト・
オクラ・
グリーンアスパラガス
各適宜
【ジュレ】
 だし汁
200mL
 薄口しょうゆ・
 みりん
各大さじ1
 塩
少量
 粉ゼラチン
5g
 酢
小さじ1/2
icon
作り方
1
ジュレを作る。小鍋にだし汁、薄口しょうゆ、みりん、塩を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めて粉ゼラチンをふり入れてよく混ぜる。粗熱がとれたら酢を加えて混ぜる。バットなどに入れて冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。フォークなどで粗くくずす。
2
タイは4等分のそぎ切りにし、塩・こしょうをふり、片栗粉を全体に薄くまぶす。熱湯でさっとゆでて氷水にとり、水気をきる。
3
ミニトマトは半分に切る。オクラ、アスパラガスは塩ゆでし、2cmの斜め切りにする。
4
器にタイと野菜を盛り、ジュレをかける。

冷製コーン缶スープ

ポイント
粒感が残っているコーン缶を使うときは、フードプロセッサーにかけるとよりなめらかにクリーミーに仕上がります。生クリームを加えるとコクが出ますが、なければ牛乳を200mLに増やしてください。
冷製コーン缶スープ
icon
材料(3~4人分)
コーン缶
(クリームタイプ)
1缶(400g)
牛乳
100mL
生クリーム
50mL
塩・
白こしょう
各少量
クラッカー
適宜
icon
作り方
1
鍋にコーン缶、牛乳を入れて火にかけ、沸騰直前まで温まったら、生クリーム、塩、こしょうを加え混ぜて軽く温める。
2
粗熱がとれたら冷蔵庫で1時間ほど冷ます。
3
器に盛り、砕いたクラッカーをちらす。
野口真紀先生
レシピ・料理・スタイリング
野口真紀先生
料理研究家。家族の健康を考えた、おいしくて栄養バランスのよいレシピに定評がある。『きょうのサラダ』シリーズ、近著『オーブン料理 とっておき』(ともに主婦と生活社)など著書多数。

写真/宗田育子