送料無料
合計金額 0
レジへ進む

OZIO TABLEOZIO TABLE

食卓の主役になる卵料理

毎日の料理やお弁当に欠かせない常備食材の代表格「卵」。ゆで卵をたっぷり使ってグラタンにしたり、スクランブルエッグに旬の素材を加えたり、ピカタの衣にも! 食卓に大活躍の卵料理をお届けします。

ゆで卵と新じゃがのグラタン

ポイント
ゆで卵をたっぷり使ったグラタン。ほくほくと蒸し煮にしたじゃがいもに生クリームをかけてオーブンで焼くだけで、とろっとなめらかなソースに。
ゆで卵と新じゃがのグラタン
icon
材料(2人分)
ゆで卵
4個
新じゃが
3個
玉ねぎ
1/2個
にんにく
(みじん切り)
1かけ
オリーブ油
大さじ2
塩・こしょう
各少量
生クリーム
200mL
とけるチーズ・
パン粉
各適量
icon
作り方
1
じゃがいもは棒状に切り、玉ねぎは薄切りにする。
2
フライパンにオリーブ油を熱し、玉ねぎを入れてしんなりとなるまで炒める。じゃがいもを加えて炒め合わせ、塩・こしょうをふる。蓋をしてじゃがいもがやわらかくなるまで弱火で蒸す。
3
耐熱皿に2を入れて生クリームをまわしかけ、半分に切ったゆで卵をのせ、チーズ、パン粉を散らす。200度のオーブンでこんがりと焼き色がつくまで焼く。

サクラエビとわかめのふわふわ卵炒め

ポイント
卵をふわふわに仕上げるには、3のとき強火で一気に半熟の状態まで火を通し、素早くとり出すのがコツ。最後に戻したら、軽く混ぜ合わせる程度でOK。
サクラエビとわかめのふわふわ卵炒め
icon
材料(2人分)
3個
塩・こしょう
各少量
ごま油
大さじ2
サクラエビ
大さじ1(2g)
乾燥わかめ
2g
しょうゆ
大さじ1/2
にんにく
(みじん切り)
1かけ
icon
作り方
1
卵はボウルに入れてときほぐし、塩、こしょうを加え混ぜる。
2
わかめは水で戻して水気をきり、食べやすい大きさに切る。
3
フライパンにごま油大さじ1を熱して1を流し入れ、箸で大きく混ぜながら半熟の状態まで火を通し、とり出す。
4
3のフライパンに残りのごま油、にんにくを入れて火にかけ、香りが立ったら2、しょうゆを加えて炒める。サクラエビ、3を加えて炒め合わせる。

鶏ささみのチーズピカタ

ポイント
鶏ささみに小麦粉をまぶすことで、衣がからみやすくなります。卵は焦げやすいので、やや弱めの中火で両面をこんがりと焼いてください。
鶏ささみのチーズピカタ
icon
材料(2人分)
鶏ささみ
6本
塩・こしょう・
小麦粉
各少量
 卵
1個
 粉チーズ
大さじ2
オリーブ油
大さじ1
トマトケチャップ・
パセリ
各適宜
icon
作り方
1
ささみは3~4つにそぎ切りにし、塩、こしょうをふって小麦粉をまぶす。
2
ボウルに衣の材料を入れて1を加え、全体にからめる。
3
フライパンにオリーブ油を熱して2を並べ入れ、両面をこんがりと焼く。
4
器に盛り、あればパセリを添え、お好みでケチャップをつけていただく。
野口真紀先生
レシピ・料理・スタイリング
野口真紀先生
料理研究家。家族の健康を考えた、おいしくて栄養バランスのよいレシピに定評がある。近著『プライスレスレシピ』(主婦の友社)、『オーブン料理とっておき』(主婦と生活社)など著書多数。

写真/宗田育子