送料無料
合計金額 0
レジへ進む

OZIO TABLEOZIO TABLE

彩りお寿司で春を迎える3月の食卓

草木が芽吹き始める3月。食卓の主役は「紅白手まり寿司」です。ころんとした形が可愛くて彩りも華やか。桃の節句“ひな祭り”や卒業式などお祝い事にぴったり。お寿司に合うおかずを添えて早春パーティー!

紅白手まり寿司

ポイント
ごはんは大さじ2くらいにすると、食べやすいひと口サイズになります。わさび、しょうゆはお好みでつけていただきましょう。
タラとじゃがいもの重ね蒸し
icon
材料(2人分)
2合
寿司酢
大さじ4
スモークサーモン
4切れ
鯛(刺身用)
4切れ
梅干し
適量
しょうがの甘酢漬け
適宜
icon
作り方
1
米は炊飯器で普通に炊く。飯台に炊きたてのごはんを入れて、寿司酢を回し入れて切るように混ぜ合わせる。
2
梅干しは種を除き、軽く包丁でたたいておく。
3
ラップを広げ、スモークサーモンをのせて、1をスプーンですくってのせ、茶巾形に絞る。鯛も同様に作る。
4
3を器に盛り、鯛のお寿司には2をのせる。しょうがの甘酢漬けを添える。

アスパラガスとひじきの白あえ

ポイント
豆腐はしっかり水切りすると水っぽさがなく、なめらかな舌触りに仕上がります。前日からキッチンペーパーで包んでおくと簡単です。
タラとじゃがいもの重ね蒸し
icon
材料(2人分)
絹ごし豆腐
1丁
グリーンアスパラガス
3~4本
ひじき(乾燥)
大さじ1
しょうゆ
小さじ1
1白練りごま
大さじ1
 砂糖
大さじ1
 塩
少々
icon
作り方
1
豆腐はしっかりと水気をきる。
2
アスパラガスは根元のかたいところをピーラーでむき、3~4cm長さに切る。塩(分量外)を入れた熱湯でゆでる。ざるに上げて水気をきっておく。
3
ひじきは水で戻し、熱湯でさっとゆでる。ざるに上げて水気をきり、しょうゆをからめる。
4
すり鉢に11を入れてよくすり混ぜ、23を加えて全体をさっとあえればでき上がり。

鶏つくねの卵黄添え

ポイント
たれはしょうゆ、酒、みりん、砂糖を同量ずつ混ぜ合わせるので覚えやすい分量です。卵黄をからめると、うま味が増してまろやか!
タラとじゃがいもの重ね蒸し
icon
材料(2人分)
鶏ひき肉
400g
1長ねぎ(みじん切り)
1/2本分
 酒
大さじ1
 塩・こしょう
各少々
1しょうゆ
大さじ1
 酒
大さじ1
 みりん
大さじ1
 砂糖
大さじ1
サラダ油
大さじ1/2
卵黄
適量
サラダ菜
適量
icon
作り方
1
ボウルに鶏ひき肉と1を入れて、粘りが出るまでしっかりと練り混ぜる。7~8等分にわけ、手に水をつけて平たく丸める。
2
1を混ぜ合わせておく。
3
フライパンにサラダ油を熱し、中火で1を焼く。焼き色がついたら上下を返して蓋をし、蒸し焼きにする。
4
32を回し入れ、たれをかけながら全体にからめ、中まで火を通す。
5
器にサラダ菜を敷いて4を盛り、卵黄を添える。卵黄をからめていただく。
野口真紀先生
レシピ・料理・スタイリング
野口真紀先生
料理研究家。家族の健康を考えた、おいしくて手軽、栄養バランスのよいレシピに定評がある。『きょうのサラダ』シリーズ、近著『オーブン料理 とっておき』(ともに主婦と生活社)など著書多数。