オージオTOPセルリエCCクリームTOP

CCクリームとBBクリームの違い、比較

CCクリームとBBクリームの違い
  セルリエ CCクリーム ビタナリッシュ コラーゲンリフトBBクリーム
用途 オールインワンファンデーション(化粧水後使用) オールインワンファンデーション(化粧水後使用)
特徴1 肌色補正効果で理想の美人肌に ハリケア成分配合で肌のハリ、ツヤがアップ
特徴2 全成分中79%、全35種類の美容成分配合で
しっとり
全成分中72%が美容成分。全成分中の15%がコラーゲンでうるおい続く
美容成分 抗糖化成分、温泉水配合 コラーゲン、上向き肌サポート成分配合
UVカット効果 SPF30、PA++ SPF30、PA++
仕上がり感 自然でツヤのある仕上がり しっかりカバー力のある仕上がり
おすすめ肌
タイプ
肌色の悩みをカバーしたい方 肌のたるみや毛穴が気になる方
BBクリームとは
BBクリームの「BB」は、Blemish(傷)、Balm(香油)の頭文字で、美容整形などの施術後の皮膚処理と肌ケア用のクリームとして開発されたと言われています。
元々は術後の炎症や施術部のUVケア、傷跡をカバーするために作られたもので、傷跡を周りの皮膚と同化させ目立たなくするコンシーラ的な目的で使わていましたが、現在では1つでスキンケア~ベースメイクまで済ませてしまう高機能アイテムとして広く販売されています。
今や多くの人が1つは持っていると言われるBBクリームですが、その流行した大きな要因に挙げられるのが、オールインワンの手軽さと時短メイク。
洗顔後の美容液+紫外線対策、さらには化粧下地とファンデーションがBBクリーム一つで完結できるので忙しい働く女性に特に人気で、昨今ではBBクリームだけで済ませてしまう方も多いと言われるほどです。
ビタナリッシュ コラーゲンリフトBBクリーム
CCクリームとは
スキンケアとカバー力のBBクリームに対して、CCクリームは肌色補正効果で肌色の悩みを美しくコントロールし、自然でツヤのある仕上がりにしてくれるのが最大の特徴です。そのカバー力や仕上がりはメーカーによって大きく差があり、従来の化粧下地のような使用感のものからファンデーション並みのカバー力を持つものまで販売されています。『肌色補正効果』『美容成分高配合』という2大特徴はありつつ、商品によって全く違う物のような印象を受けることもあるかもしれません。

そうした中でオージオの『セルリエ CCクリーム』は、BBクリームの手軽さと機能はそのままに、更に肌色補正効果をプラスした高機能ファンデーションとして開発されました。化粧水で整えた後の肌になじませるだけで、クリームの中に配合されているカラーカプセルが弾けて色が変わり、肌色を補正します。光の反射をコントロールするソフトフォーカスパウダーやたっぷりの美容成分が肌を整えきめ細かく見せるため、CCクリームのみでもあっという間に美しい肌が完成します。
『セルリエ CCクリーム』は使い方次第ではデイリーメイクやスペシャルメイクなど、さまざまな肌質を表現することも可能です。もちろん、CCクリームだけでベースメイクを仕上げることもできますが、コラーゲンルーセントパウダーと組み合わせることでより長時間崩れない、ハーフマットな質感に仕上げることも可能です。
また、しっかり感を出したい時にはビタナリッシュ ミネラルファンデーションと組み合わせることでより高いカバー力を実現します。肌色補正をきちんとしてからパウダーをのせることで、より美しい肌が完成します。